テーマ:椿

多田神社の唐椿(キャプテンロー)

寛文年間 旧多田院の檀家薩摩藩主 島津家より 贈られた椿です。 ヤブ椿の近縁種で中国西部原産である。花は見事な大輪です。写真はupしきれていません。 花だけ見せられたら バラと言いたくなるようなつばきです。 多田神社には 多くの椿がありますが 現在花を咲かせているものを 取り上げました。                  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

イカナゴのクギ煮

阪神間の 春の風物詩 イカナゴのクギ煮が 家庭で作られます。 明石の沖合に砂地で底が盛り上がった 魚場があり イカナゴが群れ集まるところがあります。その群れに鯛などが襲いかかるよです。明石の鯛はおいしいそうです。 イカナゴのクギ煮は大きすぎると 適しません。 一日一日大きくなります。10日間ぐらいが勝負のようです。 家庭で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

椿

姉の家の近所で見つけた 椿です。品種名 不明ですが 立派な椿でしたので登場させます。 品種名 ご存知の方 教えていただければ うれしいです。<かなた>さんが教えてくださいました。式部 やそうです。 椿は品種が多く 名前がわからないと つい見逃します。 でも日本の文化を象徴する樹木だと思います。 品種名も記憶するよう努力したく思…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

淡雪をかぶった椿 雪中花

京都の椿 シリーズ 3回目 雪の中の 雪中花です。 数少ないチャンスをとらえた 写真となりました。 椿の名前が雪中花です。雪を載せた椿 雪中花を撮影できたのですから 感謝せずには いられません。 自分ながら よくその機会をとらえたもの 感激いたしております。 雪の中の紅い椿がよく似合いますが 雪の中の 白い椿も 趣があっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

椿 紅侘助

京都で撮影したものです。 梅と椿は両方とも品種の多い樹木ではないでしょうか。 梅は平安のいにしえから 歌にも多く詠まれ 品種改良されてきたのでは思います。 椿は茶道の花として 用いられ 品種改良がすすめられたと 私なりに推測いたします。 京都では茶道は切り離せないもの ひとつでしょう。京都には椿がよく似合います。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

淡雪を載せた 椿 菊冬至

淡雪 降る中 京都で撮影した 椿菊冬至です。 小雪が散らつき 寒い日でした。道には 雪が積もり 歩く足跡がくっきり残る程でした。 淡雪を載せた 菊冬至を撮れた事 イイチャンスに恵まれたと喜んでいるところです。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

庭の椿 曙

庭の椿には曙 侘助 その他があります。今回は曙を載せます。 椿の花は すぐに花びらが崩れ 写真を撮る機会を逃してしまう傾向があります。。庭の椿になると いつでも撮れるという 安心感から なおさら 機会を逃してしまいます。 妻は他所の娘さんばかり 追い回し 我が家の娘をないがしろにすると 不平タラタラです。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more