テーマ:植物観察会

植物観察会

4月4日 甲山植物公園 植物観察会  モクレン科のコブシ タムシバ モクレンの見分ける方法を学ぶ。 桜の季節に合わせソメイヨシノと山桜の花を見て区別できる手段を学ぶ。 写真 コブシ タムシバ ノジスミレ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物観察会

植物観察会 甲山植物園 3月7日 晴れ  春を告げる植物としては やはりネコヤナギでしょう 。灰色の毛皮を思わせる花芽を観察する。樹木の花は数少ないですが ミツマタの白に黄色を添えた花が開花していました。ミツマタは名が示すとおり枝が三つに分かれているので忘れることはないでしょう。 野草ではミドリハコベとコハコベの区別の手段を学習する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物観察会

甲山森林公園 植物観察会 5月17日  2ケ月ぶりの観察会です。時は過ぎ初夏に進みつつあります。樹木ではヤマボウシ エゴノキの花が咲いていました。野草ではチチゴクサの種類を学習しました。  写真は ニワゼキショウ ハハコグサ ヤマボウシ です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物観察会

甲山公園 植物観察会 2月29日  1月に引き続き常緑樹の死環に就いて調べる。死環とは葉の裏側より香取線香等で焼くと黒い環ができることをさす。種類により出る葉と出ないものがある。 この死環によって植物の分類のひとの手段とするために観察を行うのである。植物の同定のためのひとつの方法でありその手段をおおくもっている人は早く正確に同定でき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

植物観察会

甲山森林公園 植物観察会  7月20日 曇り   ナツフジが白い花ふさを垂れているのを見ながら藤との違いの説明を聞く。 ネジバナが蘭であることを知り驚く。蘭は極小の種をまき地下のラン菌に着生して発芽するとのこと。植物の繁殖のメカニズムは色々あるが  これもひとつの手段である。 名前だけを教えられても直ぐ忘れるが 色々な理屈を教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more