バイカウツギとジャケツイバラ

武田尾の 武庫川沿いで バイカウツギとジャケツイバラを見つけました。

 バイカウツギ 白い清楚な花をさかせていました。
画像
画像
画像
 ジャケツイバラ 高いところで見にくいですが 鋭いカギ状のトゲのある枝がつる状に伸びます。
画像
画像

この記事へのコメント

2010年06月05日 05:27
 バイカウツギは花が大きくて、沢山咲くと見栄えがしていいですよね。

 ジャケツイバラは万葉のいにしえから歌に詠まれていますが、サルトリイバラなどよりもずっと恐ろしげなトゲがあり、これならほんとにサルもひっかかってしまいそうです。花は黄色でいい色ですよね。

 ホトトギスはまだ聞かない、と言いましたが、今日の明け方うちのそばでカッコウが鳴いているのを聞きました。ひさびさに聞くといいですね。
2010年06月05日 06:27
<なおさん> おはようございます。 バイカウツギ 静かに白く咲く感じです。
ジャケツイバラは上向きの刺があるようで サルモもひっかてしまいそうです。でも黄色の花は眺めていて楽しいです。

カッコウが到来いたしました。それはすばらしいです。カッコウの鳴く声しばらくきいていません。
ビッグジョン
2010年06月05日 06:45
バイカウツギ
母が大好きで庭に植えています。
それがいま咲き誇っています。
ボクも好きな花です。

家の周りで、ホトトギス、ウグイス、コジュケイが毎日鳴いています。
2010年06月05日 07:40
<ビッグジョン>さん バイカウツギ 静かに咲く感じです。純白で清楚です。
たくさんの鳥に囲まれ うらやましいです。家の周りでホトトギスが鳴く声 妻が聞いたと言っていました。
これから茨木のウオーキングに行きます。
2010年06月05日 08:17
梅花空木は八重咲きだとばかり思っていましたが一重もあるんですね。白花の山吹に風情が似ています。
2010年06月05日 08:25
バイカウツギは自生のものですね。園芸種より花付きが少ないところが一層清楚に感じます。
ジャケツイバラの花は黄色だったんですね。知りませんでしたよ。
2010年06月05日 09:12
「梅花ウツギ」は気品のある可愛い
はなですね。此方では見られない
はなのようです。
2010年06月05日 10:46
良く咲いたバイカウツギが綺麗です、未だ蕾も多いようですしこれからが楽しみですね。
2010年06月05日 11:41
こんにちは♪
ジャケツイバラを見つけられましたね。
高い所の花は写し難いですね。蔓でどんどん広がっていきますね。
梅花空木は好きで庭に植えています。
空木も種類が多く 先日サラサウツギをみて気に入りました。
2010年06月05日 18:00
<寿々木>さん バイカウツギの八重も多くでていますね。一重は派手さがありませんが落ち着いた感じです。静かで好きです。気持ち玉付けていただき有難うございます。
2010年06月05日 18:05
<長さん> バイカウツギは 静かで清楚な感じです。ジャケツイバラは私も初めてです。も少し近くで観察したいところでしたが 高い木の上でした。
2010年06月05日 18:09
<ぶらり爺>さん バイカウツギ 気品のある清楚な 可愛い花です。寒いところでは見れない花ですかね。
2010年06月05日 18:13
さん バイカウツギ の花 蕾を残して咲いている時が 勢いもあり より美しいのではないかと思います。
2010年06月05日 18:19
<かなた>さん ジャケツイバラ もっと近くで観察したいところですが 高いところであきらめました。バイカウツギお庭にあるのですか 素敵な樹 楽しめますね。
気持ち玉頂き有難うございます。
2010年06月05日 18:20
さん 気持ち玉頂き有難うございます。
2010年06月06日 20:57
ジャケツイバラ、とっても大きな木なのですね~。
花は優しいのに、この葉っぱの周りはトゲトゲなんてちょっと想像できませんね。
2010年06月07日 08:53
おはようございます。
バイカウツギも白く清楚な花で好感が持てます。
今年はジャケツイバラを間近で見ずに終ってしまいました。
中央高速をぶっ飛ばしている車窓からだったりね。
下の木を乗っ取る様に上に上に登って行って、自分だけ日当たりの良い絶好の位置で咲くしたたかな木ですね。
棘も凄いのですよ。
2010年06月07日 10:42
さま バイカウツギ はじっと静かに眺める感じになります。素直な気持ちになります。
ジャケツイバラは すごい戦略の持ち主ですか。。。。世の中いろいろなタイプのひとがいます。私などいつもあとから ついていくほうです。気持ち玉頂き有難うございます。
2010年06月07日 22:55
<ひとえ>さん ジャケツイバラも生存競争に挑んでいるのです。美しいだけでは生き延びれないのです。

この記事へのトラックバック